食べる庭

201608251 (1)

昨年引っ越してきた家には、
かなり広めの庭があります。

しかし、庭が広いということは、
その分、手入れをしなくてはいけない、
ということでもあり、
体力のない私には少々荷が重いです。

ふだんは最低限のことしかしていないのですが、
先日、馬仲間が庭の草刈りを手伝ってくれました。

さっぱりー。
ありがたいー。



この庭には、たくさんの食べられる植物があります。

2016082512.jpg
オオタニワタリ。
与那国の山菜。
ゆがいてサラダにしたり、炒め物にして食べるとおいしい、



2016082513.jpg
月桃。
これだけでは食べられないけれど、
よい香りのする葉でもちを包んだりします。
虫除けにも。


2016082514.jpg
パパイヤ。
引っ越してきた時にはなかったのに、
昨年の台風で木が倒れたあとの更地に、
知らないうちに生えていた!
3本も。
実がなるのはいつでしょう。


201608252 (1)
そして、バナナ。
台風が来ないので、次々に実がなり、
今年はすでに、大きな房を3つ収穫済み。


2016082515.jpg
現在も、こんなのが4房成長中。


なーんにもしていないのに、
自動的に「成って」くれるものばかり…。
なんとありがたいことよ。

花と馬

201504141.jpg

みぞの草も見逃さないカディ。
おいしい草が残っている!

201504143.jpg

かたわらには花も咲いているけれど…、
カディは花よりだんご(草)。

201504142.jpg

与那国では、
春になると島中が花の香りに包まれます。

201504145.jpg

月桃の花もほころびはじめました。

201504144.jpg

もうすぐ満開になるでしょう。

収穫

20120507.jpg

おすそわけでいただいた、
かわいい畑の収穫。

馬糞堆肥で育てられた、
ししとうとプチトマトと、
にんにくの葉。

その日の夕食になりました。

山ぶどう

20110926.jpg

与那国に自生する山ぶどう。
小さいつぶを口に含むと、
あまずっぱい野生の味が広がる。
皮は硬く種も大きいけれど、
力強い味だ。

馬の目がハエなどにやられて炎症を起こした時、
この山ぶどうの汁をつけるといいのだそう。

庭の花

20110901.jpg

不精者で、庭の手入れなど、
ほとんどしないのだけれど、
ある日突然、
こんなにきれいな花が咲いた。
きっと雨がふったからだろう。

きれいね、と、
ヒトが来るたびほめられる。

ほんとにね、と答える。
なにか申し訳ない気持ちになる。

サガリバナ

20110711.jpg

闇に浮かぶサガリバナ。

夜になると花が咲き、
朝には落ちてしまうという。

誰かに教えてもらわなければ、
見つけられない場所にある。
道からすこし分け入ったところ、
泉のほとりに生えていた。

昨晩は月明かりもきれいだった。

自生のトマト

20110627.jpg

カディボクを出てすぐの茂みの中に、
自生のトマトを発見!

去年はなかったのに、
いったいどこから飛んできたのだろう。

真っ赤に実っておいしそうだけど、
もったいないので、
しばらく観るだけにする。
カディはトマトを食べないだろうし。

■calendar

04 ←  2017/05  → 06
sun mon tue wed thu fri sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ