トレッキング

201804086.jpg
カディ出動準備中。

201804087.jpg
姉が遊びに来たので、一緒に馬に乗ってトレッキングしました。
生い茂る草をかきわけながらワイルドな道を行きました。

201804088.jpg
カディにとってはひさしぶりの長距離。
あーそういうことね、という感じで、
なんの問題もなくこなしてくれました。
えらいねー。



201804083.jpg
朝飼いのあと、東崎へ。

201804081.jpg
灯台の下に馬たちが集っていました。

201804082.jpg
まだ眠い時間。

201804085.jpg
ナーリと同い年の仔ウマも元気そうでした。

201804084.jpg
他の馬もげんきそうでしたが、
生まれたばかりの仔馬は見当たらず。
今年は生まれなかったのでしょうか。

8年

201802111.jpg
あいかわらず雨が多いです。
緑色の葉っぱをもぐもぐ食べるナーリ。

201802117.jpg
雨粒がきれい。

201802112.jpg
横に座って撮っていると、
迫ってきます。

201802113.jpg
無邪気だな。

201802115.jpg
カディはもくもくと食べるのみ。

201802114.jpg
後ろからふたりを見ると、こんな大きさです。


そう言えば、カディと出会って8年たちました。

201802118.jpg
出会った時は、こんなちんちくりん。

その小ささから生後半年ぐらいかなーと思っていましたが、
たてがみやしっぽの長さを考えると、
今のナーリと同じぐらいだったかもしれません。
栄養不足で成長できていなかったのか。

201802116.jpg
それがこんなに大きくなりました。

8年。
いろいろあったなー。


さて、こちらは夕飼いの時に突如現れたコウモリです。


こんなに近くで見たのははじめて。
なんともいえないかわいさがあります。

なぜか次の日も現れて…


同時にうんちとおしっこを。
逆さにぶら下がったままだと自分が汚れるから、
ちゃんと体を持ち上げてするんですね。

それから木の枝をわしわしと移動。
実を採って…
わざわざ同じ場所に戻ってきて食べました。
食べているのはイヌビワの実らしいです。
かわいい…。

夏バテ

201707162.jpg
毎日、真っ青な空。
夏だからしかたないのですが、
やっぱり暑さはこたえます。

201707161.jpg
実は今週、カディの体調が悪い日がありました。
食欲がなく、呼吸は荒く、時折咳き込みます。
全体的にぐったりしている様子。

熱をはかったら高かったので、獣医さんに診てもらいました。
夏バテかな、ということでした。
一回の注射でほぼ回復したので、よかったです。

201707167.jpg
ケガをしたり、夏バテをしたり、
今年はなかなか気が抜けません。
201707164.jpg
でも、毛艶はよく、夏の陽射しにきらきら光っています。
201707166.jpg
ナーリは、すこしずつ赤ちゃんの毛が抜けてきましたが、
まだ胴体には産毛が残っているんですよね。
201707165.jpg
ナーリはあいかわらず元気いっぱい。
201707163.jpg
自分の体調が悪い時でも、乳をあげるカディ。
お母さんはたいへんですね。

もうすっかり元気になりましたので、ご心配なく。

8歳



シンクロする親子。
はじめのほうは、
しっぽの動きまで一致してますねー。

201707092.jpg
雨雲がもくもく空を覆いはじめました。
その下で草を食む、カディとナーリ。

201707093.jpg
ナーリは、カディから離れて
ひとりで草を食べていたかと思うと、

201707094.jpg
やっぱり母ちゃんのそばがいい、と。

201707091.jpg
くっついてまわったり。
少年期ですね。


カディは、8歳の誕生日を迎えました。

夕飼いの時、前肢をひきずっているので、びっくり。
なにがあったのかと見てみると、
どうやら傷を保護していた自着性の包帯が、
動いているうちにずれて、関節の部分を圧迫し、
血行不良になってしまったようです。
急いで包帯をはずしましたが、
うわーやってしまったーとがっくり。
カディにとっては、とんだ誕生日に…。

次の日の朝には、ほぼ回復していたので、
ほっとしました。
動く馬の治療、なかなか、むずかしいです。

誕生

201702175.jpg
速報です。
今日、夜明けに、カディが無事出産しました。

201702176.jpg
元気な男の子です。

201702177.jpg
初めてのお産なのに、まったく危なげなく。
カディ、すごい。

201702178.jpg
仔馬もすぐに立ち上がって、

201702179.jpg
じょうずにお乳を飲んでいます。

2017021710.jpg
とりいそぎ写真をアップ。
くわしくはまた後日。

2017021711.jpg
2017021712.jpg
2017021713.jpg
2017021714.jpg
2017021715.jpg
2017021716.jpg
2017021717.jpg

冬らしい冬

201702128.jpg
気温がぐっと下がって、北風びゅーびゅー。
やっと冬らしい冬になりました。

201702123.jpg
突然の豪雨に、
風上にお尻を向けてやりすごす馬たち。
なんかかわいい。

201702121.jpg
カディは、新居でのんびり過ごしています。

2017021210.jpg
お腹はパンパン。

2017021211.jpg
すごい食欲です。

2017021212.jpg
ふたり分ですものね。



さて、こちらはカイ。
201702122.jpg
カディのお腹の中にいる仔のお父さんです。

201702129.jpg
実はこの日、セン(去勢)馬に…。
カディの仔は、彼にとって唯一の子孫となります。
カイのためにも元気な仔が生まれますように。

新居へ

201702051.jpg
朝露が光る夜明け。

201702053.jpg
緑の階層ができていて美しかったです。


201702052.jpg
カディは、お腹が大きくなって動きにくくなったせいか、
群れから距離を置くことが多くなりました。
それで、お産まで落ち着いた環境で過ごせるよう、
広場の皆さんのご好意で、
おとなりのブースへお引っ越しさせてもらうことになりました。

201702055.jpg
ひさしぶりのひとり暮らし。

201702054.jpg
馬は群れから離れると、
さびしがったり不安になったりするものですが、
カディは、ぜんぜん平気みたいです。

201702056.jpg
むしろ、のびのび、るんるんって感じ。

201702057.jpg
なぜあいつはあっちにいるんだろう、と、
不思議がる馬たち。

201702058.jpg
柵の向こうにいるカディを見つめるルンタ。

201702059.jpg
どういうこと?


カディの新居チェックの様子です。
(風が強い日だったので音声レベルを落としています)


この場所は初めてではないけれど、
柵の位置が変わっていたりするから少し慎重なカディ。

翌日の様子はこちら。


はじめに、「ブフフフ」と鳴いていますね。
これは私の姿を見つけての反応。
それなら、すぐに近寄ってくるのかといえば、そうでなく、
寄り道しながらジグザグに、なんとなーく来る、
というのがカディです。

■calendar

03 ←  2018/04  → 05
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■search

■author

河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ