探検

20130401c.jpg

春休みということもあり、
与那国にはたくさんの人が来島した。
りゅうちゃんによるカディの調教もひさしぶり。

カディはついこの間まで、
すこし乱れがあったのだけれど、
昨日ぐらいから不思議と落ち着いて、
聞き分けも良くなっている。

もぐもぐとチューイングサイン。

20130401a.jpg

えー、こうやってみると、
カディの顔、でかいですね。


20130401b.jpg

その後、カディと私だけで外乗に出かけた。

これまで歩いてきたのは、私がわかっている道ばかり。
でも今日は、私にとっても初めての脇道に入ってみた。

農道から分かれていく舗装されていない細い道。
人通りも少ないので雑草がおいしげっている。

カディ、まったく臆さず。
どんどん進んでいく。

ふたつの脇道に入ってみたのだけれど、
行き着いた先は、畑と空き地でした。

ちょっとした探検気分でおもしろかった。

チビトラ

20130408a.jpg

以前から見守っていたちび猫が、
怪我をしたらしい。
左の前肢がぶらぶらになって、
地面につけないでいる。

あー、やっちゃったのかー。
いたたたたた。

これはもう緊急事態ということで、
栄養補給のために、食べ物をあげることにした。

といっても、ヒトを警戒して、
絶対に近くには近寄ってこないので、
たまたま目が合うような時があったら、
すこし遠くから放ってあげるような感じで。

でも、元気なノラが横取りしていくんだよねー。

20130408b.jpg

なんとか、がんばれ。

騎乗

カディのようなちいさい馬にとって、
人が乗る時に、じっとしている、というのは、
案外むずかしいのじゃないかと思う。

人の重さがかかるのを予測しながら、
重心が変わっていくにしたがって、
肢のふんばり方を変えているはず。

20130414b.jpg

20130414c.jpg

20130414d.jpg

20130414e.jpg

じょうずにできました。

20130414a.jpg

えへん。

東崎

20130421c.jpg

友人が来島。
島のあちこちを案内していると、
思いがけないところで、馬に会ったり人に会ったり。
こちらも楽しい。

20130421e.jpg

島の東にある東牧場は、今年、雨と太陽に恵まれて、
おいしそうな草が生えている。
馬たちはのんびり、ゆったり、満ち足りている感じ。

20130421f.jpg

本来はこんな風に生きているのが、馬というもの。

20130421b.jpg

斜面の草も上手に食べる。
この馬が食べているのは、アザミの花。

20130421d.jpg

牡の仔馬は、1歳になる前に外へ出すのが決まり。
この日、島の人が一頭の仔馬をつかまえようとしていたが、うまくいかなかった。

20130421a.jpg

もうしばらく、ここで暮らしていたかったのかもね。

カケアガリ

20130423a.jpg

すこし蒸し暑い日が続いた後で、
涼しい風の吹く日がやってきた。
チャンス、とばかり、カディと外乗へ。

ガマノホが青々と葉を伸ばしている。

20130423b.jpg

田植えの終わった水田には、白いサギが来訪。
ここまでは何度も来た道だ。

20130423c.jpg


ここから先は「カケアガリ」と呼ぶ、ワイルドな道。
生い茂る草の中に分け入っていくと、
その先に曲がりくねった急斜面が続く。

この道を馬で駆け上がると、
本当に気持ちいい。
うぉーっと叫びたくなる感じ。

カディは先日、初めて、
他の馬の後ろからこの道を登った。

そして、今日はひとりで挑戦。
できるかな。

20130423d.jpg

足下が見えない場所では自分で確かめながら。
見通しのよい場所では駆け足で。

よーくできました。
120点。
アドベンチャー系は得意。

20130428a.jpg

カディの前肢の蹄の裏側は、こんな風になっている。

体重をしっかり支えるためには、
蹄の角度がどうなっているかが大切らしい。
ちょっと角度が違うだけで重心がずれる。
その分、肢に負担がかかる。

20130428d.jpg

こちらは後ろ肢の蹄。

20130428b.jpg

あちこちチェックしながら、
蹄を削って整えてくれるりゅうちゃんの姿は、
まるで整体師のよう。

20130428c.jpg

こんな風になりました。
これでカディはずっと歩きやすくなったはず。
よかったねー。

■calendar

03 ←  2013/04  → 05
sun mon tue wed thu fri sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■search

■profile

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ