ポストカード

こちらのブログにアップしている写真をもとに、
与那国馬のポストカードを作ってみました。
本日より、与那国島内の売店と、
カディブックスのオンラインストアで販売を開始しています。

その内容は…。
東崎で撮った写真が3点。
華麗なジャンプは、りゅうちゃんの馬、ククル。
灯台と親子海と馬
目をつぶる馬ジャンプ
草原のカディ
そして…草原のカディ(口には草)、でした。

来年は馬年ですからねー。

重い空

201311061.jpg

夜が明けるのが、すっかり遅くなりました。

朝飼いの前に草を刈る時、
ヘッドライトで照らしながら作業する。

フィリピンの方へ抜ける台風が次々と発生して、
空が雲で覆われている日が続く。

涼しいのでわたしはうれしい。

練習

201311092.jpg

カディがビミョーな顔をしているのは…。

201311093.jpg

りゅうちゃんに、
からだのいろいろなところを
さわられているから。

201311094.jpg

カディは警戒心が強いので、
ヒトにさわられるのが基本的に好きではありません。
からだがこわばることも。

201311091.jpg

でも、ちょうどよく掻かれるのは大好き。
「馬掻き」の練習には最適な馬です。

馬は「ヒトに触られる練習」が必要だけど、
ヒトの方も「ウマに触る練習」が必要、と思います。

かゆいの

201311121.jpg

ついこの間まで、気温が27℃ぐらいあったのに、
このところ、ぐっと冬っぽくなってきました。
といっても、まだ20℃台ですが。

そのおかげで、ハエも少なくなり、
カディがフライネットをつけなくていい日も、
たまにでてきました。

201311124.jpg

でも、ハエがゼロになったわけではないので、
すこし目がしょぼしょぼしている。

201311122.jpg

で、こんなふうに目をこすります。

201311123.jpg

あー、すっきりした。

乗ること

201311161.jpg

11月はすがすがしい季節のはずが、
今年は雨が多い。
朝、晴れ間が見えたので、
ひさしぶりにカディに乗った。

カディに乗る時、
どこどこに行きたい、とか、
上手にコントロールしたい、とか、
走りたい、などという思いが、
最近はまったくなくなってしまった。

まず、「乗せてくれる」って、
すごいことだよなー、と、
あらためて感嘆する。

そして、肌を接していることで、
カディの気持ちがものすごくリアルに伝わってくる、
ということが、ただただ楽しい。

あの草、食べたい、とか、
いまなにか音したぞ、とか、
カディが考えていることが、
手をとるようにわかる。

そして、カディも、たぶん、
わたしの考えていることを、
率直に察している。

そのやりとりが、ほんとうにうれしい。

と、いつまでも、馬上でにやにやしている私でした。

座礁

201311162.jpg

沖縄本島と与那国島を結ぶ貨物船協栄丸が、
先週、出港してすぐに座礁した。
島の北側、六畳浜と呼ばれるあたり。

えー座礁って…
そんなことあるんだ、とびっくりしたが、
なによりも、この船に馬が乗せられていたと聞いて、
ざわざわと気持ちが波立って、しかたなかった。
暗い船の中でどんな気持ちでいるだろう、と思うと。

カディだって島を出る日がないとも限らない。
もしこれがカディだったら、
まちがいなく、わたしは半狂乱になっている。

天気が荒れていたこともあるのか、
船をどうにもできない日々が続いた。

馬は亡くなった、とあとで聞いた。
無念です。


201311163.jpg

こうやって見ると、現役の日本の船とは、
ちょっと思えない…。
よく働いてくれたんですね。

協栄丸は、さまざまな荷物を運んでくれる、
島にとってはなくてはならない船だった。
わたしの車もこれで運んだし、
ティグミもこれで本島に渡った。

そういえば、今回、
少しだけど、カディブックスの荷物も、
本島で行われる離島フェア用に乗ってたんだった。
いつか戻ってくるだろうか。

飛行機はジェット機が来なくなり、
今度は貨物船まで…。
内地から荷物が届くのが、ますます遅くなるかなー。

北牧場

201311203.jpg

暑くもなく、寒くもなく、風も強くない、
ちょうどよい日。
ひとりで北牧場を歩いてきた。

北牧場は公道に面していないので、
4WDの車でないと中を走れない。
自分で歩いて回るとしたら、
こういう、ほどほどの日がいい。

201311202.jpg

馬たちは、
いくつかのグループに分かれて、
のんびり草をはむ。
半年ほどの仔馬もいた。

201311201.jpg

断崖の上に、天然の芝地が生えている。
その下は荒海。

201311201 (1)

野生に生きている馬たちは、
独特の間合いとテンポがあって、
かっこいいんだよなー。

■calendar

10 ←  2013/11  → 12
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ