ウマの年、はじまり、はじまり。



ウマ年の朝。
風が吹く小高い崖の上で、
海の音を聴きながら、
太陽が昇るのを眺めていました。

あけまして、おめでとうございます。


201401021.jpg

最近の荒れた天気が嘘のように、
青空が広がった与那国。

いつもお正月を一緒に過ごさせていただいている、
ヨナグニウマふれあい広場のみなさんと、
毎年恒例の初乗りへ。

初乗りをカディで!
しかもウマ年というんですからねー。
私にとっては本当に、
すばらしい一年の始まり方です。

201401023.jpg

でも、これだけの大人数で行くのは、カディも初めて。
ふだん、外乗では、のんびり気ままに歩いているので、
集団行動には慣れていません。
そばに来たルンタ君に蹴りをくらわせる場面も…。
ごめんね、ルンタ君。

201401022.jpg

カディが先頭へ立つと、
なにやら、スイッチがはいったもよう。
水たまりだらけの道も、草だらけの急斜面も、
がんがん、がんがん、前へ行く!

201401024.jpg

初めての森の中も、ひるまず前に進むカディ。
みんなが駈け足になると、
カディも走る、走る。

アグレッシブ・カディの誕生か。
(実は負けず嫌いのようです)

201401027.jpg

着いたのは、絶景の丘のてっぺん。
新しい年のはじまりを馬と迎える、最高の時間でした。

カディ、先輩馬について、よくがんばった。
ありがとう。


さて、帰ってからの草タイム。
最近のカディのブームは…。

私が、「はい、おわり。家に帰るよー」というと、
「まだ、食べたい、食べたい、食べたい」

で、ごろんと横になる。
草で背中を掻いてから、

201401028.jpg

寝たまま、草を食べる。

201401026.jpg

ま、10秒ぐらい待つと、
気が済んで、自分から立つんですけどね。

201401025.jpg

本年も、カディともども、よろしくお願いいたします。
(最後まで、草を食べながら)

疝痛

201401081.jpg

4日前。
前日から、なんとなく元気がないのが気になったので、
他のウマと隔離して、のんびりできる草地で放牧していたら、
夕方になり、寝転んでしまう。
立っている時、前掻きもする。
やっぱり疝痛だった。
獣医さんを呼んで、診てもらうと、
とりあえず胃腸は動いている、と。
熱もない。
鎮痛剤を注射すると、
すぐ草を食べだしたので、ひと安心…

と思いきや、それからずっと、
すこしよくなっては、また悪くなって、
という症状を繰り返している。

痛みの具合は、たぶん激痛という感じではなく、
うすら痛いような感じだと思う。
散歩に行くと気が紛れて、道ばたの草を食べたりする。

でもひとりにすると、寝てしまう。
そうなると、胃腸の動きも止まってしまうので、
なんとか起こして、一緒に歩いている。
苦しそうな時は、おなかをさすったりしている。

ボロはしているけれど、いつもより固め、量も少ない。
草を食べる量が減っているのもある。
整腸剤(ビオフェルミンみたいなもの)を飲ませている。

獣医さんには毎日診てもらっているけれど、
まだ、はっきりした快方の兆しが見られない。

カディは何回か疝痛になっているけれど、
これほど長期間なのは初めて。
ちょっと気が抜けない日々を過ごしている。

201401082.jpg

すこし回復

201401102.jpg

カディは、すこしずつ快方へ向かっています。
座ってしまうことも、ほとんどなくなった。
まだ本調子とは言えないけれど、
食欲も出てきました。

おもしろいなあと思ったのは、
散歩に連れ出した時、猛然と食べ出したのが、
笹の葉っぱ。
あとススキ。

ふだん好んで食べる草ではありません。
なにか、薬効がありそうですよね。

ボロの形や回数は、だんだん、
正常に近づいてきました。

わたしも昨晩は夜の見回りをやめて、
ひさしぶりに熟睡できました。

とはいっても、まだよわよわ〜とした感じで、
冷えたりすると、へたりこんでいるので、
油断せずに、見守っていきます。

201401101.jpg

森のカディ

201401122.jpg

昨日から、カディの食欲大魔神ぶりが復活。
ボロもたくさん、いい形。
目にも勢いが出てきた。
全快、としましょう。

いちおう、一日様子を見て、
今朝、広場の群れに放しました。

群れに入るのはひさしぶり。
カディは、みんなが草を食べている後ろから、
様子うかがい。

ここで、無神経に入っていくと、
先輩馬に叱られるので、
おとなしくしています。
学習してますねー。

放す前に、青草をたくさん食べているので、
おなかがすいていない、ということもあるかも。

201401123.jpg

そのうち、森に入っていきました。
あとをついていくと…。

201401124.jpg

かゆいところを掻くのに、
ちょうどいい形の木が!

201401121.jpg

あごの下もね。

前からよく使ってたのかな。

201401125.jpg

ということで、今日は、
森のカディ、です。

まだちょっと心細げだけど、
たぶん、だいじょうぶでしょう。

馬着

201401191.jpg

先週は元気いっぱいで、
完全復活したかのように見えたカディですが、
きのう、またちょっと軽い疝痛に。
食欲ないながらも、ちびちび草はついばんでいるので、
それほどたいしたことはなさそう。
いちおう獣医さんにも診てもらって、
あとは様子を見ることに。

きのうは北風が強く、
からだが冷えるといけないので、
広場の馬着をお借りしてつけました。

カディはちびちび草を食べつつ、
わたしはそばでぼーっとしながら、
一日を過ごしました。
夕方には、ほぼ食欲もいつもどおりの感じ。
今日は朝から元気です。

今回、カディが疝痛になったおかげで、
昼夜問わず、一緒に過ごす時間がたくさんあって、
それはそれで、すごくよかった。
馬時間というのでしょうか。
なんとなく、そういうものを感じられた気がする。

のんびり

201401221.jpg

カディの経過は、まあまあ悪くはないけど、
全快、というわけでもない感じ。

たぶん重篤な疝痛ではなさそうので、
最近は、私もあまり心配しないで、できることはして、
あとは、一緒に過ごす時間を楽しむようにしています。

カディの運動と楽しみをかねて、
ちびちび生えてる草を食べさせながら、
のんびり、ぼーっと、一緒に散策しています。

考えてみれば、これは、わたしが馬と、
いちばんしたい時間の過ごし方でもあるんだな。

201401224.jpg

その横で、お正月に生まれた子ヤギが…。

201401223.jpg

跳ねる、跳ねる。
元気いーっぱい。

201401222.jpg

すごいスピード。
これがコドモのパワーだ。

201401225.jpg

お母さんはいつも心配そう。

絶食中

201401262.jpg

屋根の下の囲いの中にいるカディ。
張り紙がしてあります…。

201401261.jpg

実は、絶食中なんです。

重篤な症状ではないものの、
よくなったかと思うと、また悪くなる、
という状態を繰り返しているカディ。
ボロはいいのを出しているんですけどね。
最初の疝痛を起こしてから、もう3週間です。

心配した馬仲間や獣医さんが、
いろいろな知恵を寄せてくれました。
ありがたや〜。

そして、とにかく2〜3日、
絶食してみる方がいいのでは、
ということになりました。

水だけにして、ほかは一切口にせず、
おなかの中を空っぽにしてみる。

カディは食い意地が張っているので、
ちょっと痛みが薄れると、
がっついて草を食べてしまいます。
それをいったん止めて、胃腸を休ませてみる。

一昨日の夕方から始めています。
さて、どうなりますかねー。

201401263.jpg

ひもじいよー。
と訴えるカディ。

でも、絶食を初めてから、
疝痛の症状はいっさい出てなくて、
むしろ、元気。
腸の中にあったボロも出ています。

明日ぐらいから、
ちょっとずつ、草を食べさせてみる予定です。

あと、お灸も試してみようと、
とりよせている最中です。

■calendar

12 ←  2014/01  → 02
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■search

■profile

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ