群れの意識

201406032.jpg

朝、カディとククルを放牧する時、
2頭だけの時は、けっこう勝手気ままに、
それぞれ草を食べている。

201406031.jpg

でも、ほかの馬が放牧されている時は、
このように、
2頭でぴったり寄り添って食べる。
群れの意識、おもしろい。

201406033.jpg

あとから出てきたバライは、
気持ちよさそうに、
朝日に向かって朝ションしてました。

馬仲間来訪

201406071.jpg

かつて与那国で暮らし、今は久米島に移り住んだ馬仲間が、
ひさしぶりにファミリーで与那国にやってきました。
→こちらの方たち

カディが小さい頃から、
ほんとにお世話になったんです。
やんちゃで手を焼いた時も、
疝痛で苦しんでいた時も。

201406072.jpg

この日、晴れて、カディに乗ってもらうことに!
あのちびが、こんなにおおきくなりました、と。
あー感慨深い。

201406073.jpg

カディがこんな大きいヒトを乗せたのは初めて。
がんばってます。

201406074.jpg

そして、こちらも初体験。
ちいさいコドモを乗せたカディ。

さすが馬仲間の子。
まだ小さいのに、ノリノリであおっています…。
いやー、将来が楽しみ〜。

カディは、なんの抵抗もなく受け入れていました。
やっぱり小さい者にはやさしい。

佳き日、でした。

カディがなかよくなれるのは

201406132.jpg

鳥。

サギ2羽とたわむれています。

201406131.jpg

めずらしくカディがククルのところから離れて、
サンニンとバライたちに合流。
でも近寄るのはサンゴのとこだけ。
やっぱりコドモが好きなんだなー。

ククルはちょっと離れたところに。

馬模様、
毎日びみょうに違っておもしろいです。

光の輪郭

201406171.jpg

梅雨明けはしたものの、
雲の多い日が続いている与那国。

朝、雲の間から光が差すと…

201406172.jpg

カディに、
光の輪郭ができる。

馬語入門

姪が与那国へ遊びに来ました。

早朝の馬タイムに、
初めての馬語入門です。

馬から遠くに立ち、なにもしないで、
静かに待っています。

201406251.jpg

草を食べながら、だんだん近づいてくる馬たち。
気にしていないようでいて、
しっかりヒトを見ています。

201406252.jpg

ついにそばまでやってきて、
最初は、通り過ぎながら、
しっぽでかすめていっただけ。

201406253.jpg

しばらくしたら、
とんと体を当ててきて、

最後には、姪のからだで、
顔をふいていきました。

馬のペースでコミュニケーション。
たいへん、よくできました。
前日に、馬語手帖で予習した成果がでたねー。

■calendar

05 ←  2014/06  → 07
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■search

■profile

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ