カディとサンゴ

201411023.jpg

カディとサンゴ。

201411024.jpg

このように、すでにシンクロ。

201411025.jpg

ん?
アルマも一緒に!

疑似親子のように動く3頭。
この組み合わせは、ほんとにめずらしい。

201411022.jpg

さて。
ククルが行ってしまった後、
カディはしばらくその姿を探していたけれど、
いつかの時点で、いなくなったんだ、とわかったみたいです。

そのあとは、ストーカーのように、
サンゴにくっついて歩いていました。
きっと、ひとりになるのがいやだったんでしょうね。

サンゴはお母さんのところへしょっちゅう行くので、
サンニン、サンゴ、カディで動くことが多くなりました。

今は、カディのせっぱつまった雰囲気もなくなり、
だいぶ自分のペースを取り戻してきた感じ。
こうしてサンゴといることもあるし、ほかのウマといることもあり。

おもしろいなあと思うのは、ここに来て、
カディは群れのみんなと一緒に動くようになったこと。
昼に様子を見に行くと、森の中でみんなと一緒にいます。
この群れに来てからはじめてです。
あの、ずっとはしっこにいたカディがねー。

またひとつ、オトナになった、のかな。
ウマは受け入れ変化してゆくのですね。

きのうの美しい夕暮れ。
台湾が見えているの、わかりますか。

201411021.jpg

朝ドラ

201411092.jpg

夜明け前、西の空には満月。
うろこ雲におおわれた月。

201411094.jpg

東の空は、こんなことに。
まるで雲の波打ちぎわみたい。

201411096.jpg

朝日が昇ってきました。

空でこんなドラマが繰り広げられたあと、
陸でも、ウマたちのドラマが…。


うわーめずらしい。

201411093.jpg

カディがオードリーとつるんでいる!

オードリーは群れの中で、
ひとりでぽつんとしていることが多いウマ。
カディはオードリーともなかよくなったんだね。

次に…

近づいてきたのは、
以前、カディを一番追い回していじめていたシャナです。

201411095.jpg

どーなるかなー。

な、なんと、

201411091.jpg

グルーミングしてるー!

カディは群れのウマたちみんなと、
急速になかよくなっています。
すごいなあ。

水飲み

201411166.jpg

放牧していたカディを柵の中につれていくと、
まず水飲み場へ行きます。

カディはふたつある水桶を、
かならず両方チェックします。

そして、

「こちらのほうがおいしい水だ」

という確信を得たかのように、
おもむろに水を飲み始めます。
(同じ水なんですけどね)

201411161.jpg

ごっくん、ごっくん。

201411163.jpg

水を飲んでいる馬を見ているのは幸せ。

つぎに、

「やっぱりこちらも飲んどこう」

と、もうひとつの桶からも水を飲みます。

(けっきょく両方飲むのか!)


このところ、曇り空が続く与那国。

201411164.jpg

景色がグレーになってきた。

201411162.jpg

冬がもうすぐやってきます。

201411165.jpg

牛とサンゴ

201411232.jpg

事件発生。
馬の森に巨大な黒い物体が!

なんと離れ牛が柵を乗り越え、
入ってきてしまったのでした。

雄牛だからでかい。
ウマたちは遠巻きにしながら、
ヤジウマしていたみたいです。

201411233.jpg

電話でかけつけてくれた島のヒト。
牛のあつかいはお手の物。

201411231.jpg

雄牛は、とぼとぼ去って行きました。
ひとりでさびしかったのかなあ。


こちらはサンゴとカディ。

201411235.jpg

となりにおかあさんのサンニンもいるのに、
ごはんを食べ終わると、
カディにぴたっとくっつく、
というのがサンゴの習慣になっています。

201411236.jpg

カディはククルと仲良しだったけど、
ここまでくっつくことはなかった。
この親密感は仔馬だからこそでしょうか。

201411234.jpg

サンゴの鼻のもふもふ感がたまりません。

新入り

201411302.jpg

軽トラに連れられてやってきたのは、
若オス2頭。
カンタとクータです。

201411303.jpg

ガン見するウマたち。

201411304.jpg

いちばん手前、
変な角度で見ているのがカディ。

201411305.jpg

緊張しているカンタ。
そりゃそーだよね。
2頭はこれから広場の群れに合流するのです。

201411306.jpg

しばらくは繋牧して、
群れのウマたちとすこしずつ馴染ませるそうです。

まずはあいさつ。
先輩馬に対する態度がすばらしいクータ。
社会性ばっちりです。

201411307.jpg

続いてカンタ。
カンタの態度も悪くはなかったんですが、
シュウに一発、蹴りを入れられました。
でも抵抗せずにえらい。

このあとカディも2頭とあいさつしました。
(リードを持っていたので写真はありません。)

カディは、超おりこうにしている2頭に、
蹴りを入れたり、噛んだりしていました。
あ〜あ。

今の群れの中では立場の弱いカディ。
新入りが来たからには、
やられる前にやっておこう、というのでしょう。
ストリートチルドレンの心意気、とでもいえばいいのか。
まあ、それがカディなんです。


さて、こちらは別の日に、
外乗に行った時の写真です。
馬仲間の綾ちゃんはサンニンに乗り、
私はカディ、そしてサンゴがついてきました。

201411301.jpg

おいしい草をたくさん食べて満足。

201411302 (1)

帰路、最後のところで二手に分かれ、
私とカディは先に帰ってきたのですが、
カディはサンゴと一緒にいたかったらしい。

広場にもどって鞍をはずしている間、
一瞬のすきをついて、サンゴと別れた方向に、
ダッシュでかけていってしまいました。

こんなの初めて。
もしかしたら、ククルがいなくなったことが、
まだ記憶にあるのかも、と思いました。
サンゴまでいなくなってしまったら…と。

別れた場所にいっても見つからなかったのでしょう、
またダッシュで帰ってきました。
名前を呼んだらめっちゃ駈けて戻ってきた。
それがこの写真。

201411301 (1)

サンゴは別の道を通って帰ってきましたが、
やっぱりカディと別れた直後から元気がなくなっていたそう。
なかのいいふたりです。

■calendar

10 ←  2014/11  → 12
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ