初乗り

201501022.jpg

2015年の朝。
カディと夜明けを迎えました。

201501023.jpg

広場の皆さんと、恒例の初乗りです。
カディとわたしは、
いちばんしんがりについていきました。
ワイルドに、草の海を行きます。

201501024.jpg

北風が強く吹いていました。
グレーの景色が、冬の与那国の代名詞。
この感じ、好きなんですよねー。

201501021.jpg

めったにあげないごちそう「ふすま」を食べて、
ごきげんなカディ。

今年もカディ共々、よろしくお願いします。

カディとサンゴ

201501114.jpg

朝、カディを放牧すると、
かならずサンゴも外に出てきます。
サンゴはまだ体がちいさくて、
柵の下をくぐり抜けることができるのです。

なかよく草を食べていると、
そこにやってきたのは…バライです。
バライは、ジャンプが得意で、
柵を跳び越えることができる唯一のウマです。

201501115.jpg

カディの耳がふせられています。
バライをそばに近づけたくないようです。
バライもそれに反応し、軽く威嚇しながら近づいてきます。
(バライは仲間に加わりたいだけ。)

201501116.jpg

バライをサンゴのそばに寄らせまいと、
間にたちふさがるカディ。

201501117.jpg

そして、「あっちに行こう」と、
サンゴを誘導します。

201501118.jpg

ついていくサンゴ。

2015011110.jpg

二頭はつれだって行ってしまいました。

201501119.jpg

つまらなそうなバライ。
ちぇっ。

2015011111.jpg

遊んでよう、とカディにからむサンゴ。

2015011113.jpg

ねえったら。

2015011112.jpg

ねえねえねえ。

201501111.jpg

あー、しつこい!
といなしつつ、
あいかわらず仲のよい、カディとサンゴでした。


朝の月。

201501112.jpg

きれいな今年初の満月でした。

201501113.jpg

森の馬

201501181.jpg

カディのいる広場は、森を放牧地にしています。
夏は木陰で涼しく、
冬は強風や雨から守ってくれます。

201501182.jpg

森に暮らす馬というのは、
日本ではかなりめずらしいんじゃないかなー。

201501183.jpg

森から出てきたバライ。

ちなみに、カディは、
わたしの車の音を聞き分けることができるので、
到着する時には、もう出口で待っているか、
いそいそと出口に向かっている最中であることが多いです。

だから最近、森の中のカディを見ていません。
今度、気づかれないように、そーっと近づいてみましょうかねー。
びっくりするのでおもしろいんです。

201501184.jpg

よあけ

201501255.jpg

夜明け前。
冬とは思えない晴天が続いています。

201501252.jpg

このシルエットはサンゴ。

201501256.jpg

カディとサンゴは、いつものように遊んでいます。

201501254.jpg

時々、ヒートアップ。

201501253.jpg

そしておいかけっこ。

201501251.jpg

朝日が昇りました。

■calendar

12 ←  2015/01  → 02
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■search

■profile

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ