新しい年

201601039.jpg

一年の初めは、カディの目のアップから。
まつげ長い。

201601036.jpg

耳。
冬だから毛がふわふわ。

201601037.jpg

鼻と口。
鼻の穴は、大きいです。

201601035.jpg

無心に草を食べてます。

201601034.jpg

今年もよろしくお願いします。


元旦には、馬仲間と一緒に、
恒例の初乗り!

201601031.jpg

私もカディと一緒に参加しました。
いちばん後ろからマイペースで。

201601032.jpg

カディは草を食べる。
前の馬との距離があく。

だだだっと駈けて差を縮める。
また草を食べる。

距離があく。
だだだっと駈ける…

という連続。

201601038.jpg

ガマノホコース。
晴れ間が見えてきた!

201601033.jpg

みんなで休憩。
馬たちみんな、おいしい草をむしゃむしゃ。
カディはここでも、口いっぱいに草をくわえて、
すごい食べっぷりでした。

元気でなにより。

不思議な色

201601041.jpg

不思議な色の空と海でした。

201601043.jpg

201601042.jpg

かっこいいヒト。

201601118.jpg

かわいいヒト。

201601115.jpg

今年の仔馬がもう生まれていたんですね。

201601044.jpg

暖かい冬だから生き延びるでしょう。

201601114.jpg

201601117.jpg

冬の東崎。

201601116.jpg


朝日新聞のコラムで、池澤夏樹さんが、
『はしっこに、馬といる』と『馬語手帖』について書いてくださり、
その反響で、台風が来た時のような、非日常の日々を送っています。
ひたすら、カバーをかけたり、ケースを折ったり、
郵便局に運んだりしています。
カディはそんなこと関係なく、のんびり草を食べてます。

呼吸

201601171.jpg

いそがしい日々を送っています。
やることがたくさんあると、
交感神経が優位となって、
心拍は速くなり、呼吸は浅くなる。


でも、夜明けに、
カディと過ごしていると、
(暗いので写真ぶれぶれ)

201601173.jpg

だんだんに呼吸が深くなり、

201601174.jpg

あくびが出てくる。

201601172.jpg

ウマの時間に戻ってくる。

こういうリズムがあること、
ほんとうにありがたいんだよなー。

寒い日

201601241.jpg

気温8℃。
私が与那国に来てから最も寒い日です。

カディも寒がっているかな、と、
すこし心配しながら行ってみたら…。
ぜーんぜんそんなことなかった。


この跳ねっぷりをごらんください。

201601242.jpg

うりゃ。

201601243.jpg

そりゃ。

201601244.jpg

とーっ。

201601245.jpg

カディと一緒に走っているのは、フウカです。

201601246.jpg

オス達の群れに合流。

201601247.jpg

冬毛もこもこのカディには、
このくらいの寒さはなんてことなかったみたいです。

201601248.jpg

なに見てんのよ。

201601249.jpg


こちらは水耕栽培のその後。
こんな天気の日でも、
毎日のように収穫できて大助かりです。

2016012410.jpg

朝焼け

201601312.jpg

雨が続いています。

でも、先日、
朝焼けがとてもきれいな日がありました。

201601313.jpg

太陽が顔を出すと、

201601314.jpg

真っ赤な光線が、
馬たちのいる建物にも差し込みました。

201601315.jpg

カディは、そんなことぜんぜん気にせず、
ひたすら草を食べていました。

201601311.jpg


私は、というと、
あともうすこしだ、と、
やっとのことで山頂にたどり着いたつもりでいたら、
その先に山脈が続いていた…
というような日々をすごしています…。

■calendar

12 ←  2016/01  → 02
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■search

■profile

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ