あらたな関係性

201703052.jpg
ナーリは日々変化を遂げています。
この世界10日目、大物(長い葉っぱ)に挑戦。

201703051.jpg
しかし噛んでいるうちに眠くなり、

201703054.jpg
口にくわえたまま寝落ちするナーリ。

201703053.jpg
この時点でまだ歯は生えていません。

こちらは寝起きのナーリです。
のびをして、お母さんのところに行き、一緒にこちらに歩いてくるまで。



ほわほわのたてがみ。
201703055.jpg


この世界12日目、初めて外の放牧地へ。
201703057.jpg
走れー。
2017030510.jpg
2017030511.jpg
2017030512.jpg

カディがごろごろするのを見て、
201703058.jpg
自分もまねしてみるナーリ。
201703059.jpg

あくびをしているナーリの口をよく見ると…
201703056.jpg
あ、前歯が生えてきました!
(わかりにくいかもしれませんが、
 歯茎の先っぽにぽちっと白いものが出ています)




カディの警戒心はすこしずつ解けてきました。
いまカディと私の間で、お互いの感触を確かめながら、
これまでとはちがう、
ナーリを含めたあらたな関係性を築いている感じです。

ひとつずつ合い言葉を決めています。

お互いの合意のもと、無口をつけたり、
一緒に移動したりできるようになったのですが、
ヒト全般に対してはまだカディが過敏に反応するので、
それを見ているナーリもヒトに近づこうとしません。

2017030513.jpg
お母さんの陰からのぞいて見ているナーリ。

でも、毎日すこしずつ、
ナーリが近づいてくる距離がせばまっています。

こちらは昨日の朝の様子。(光量が足りなくて色がにじんでいます)


やっぱり好奇心があるのでしょうね。
離れたところに座っている私のところに、すこしずつ接近してきます。
それを見守るカディの反応も、すこしずつゆるくなっている感じ。

出産後、警戒心マックスになってからのカディは、
ナーリが私に近づく気配を見せると、方向転換させるように動きましたが、
この日の後半はそれをしませんでした。

カディとナーリの動きやタイミングを見ていると、
とても興味深いです。
特にカディはよく考えているのがわかります。
ただヒステリックに反応しているわけではないんですね。

というわけで、この先、どんな関係を築けるか、
その流れを楽しみにしています。


最後に、ナーリのかわいいショット。
しっぽによる表現。



口元と蹄の小ささがかわいいナーリの寝姿。
2017030514.jpg

すくすく

201703123.jpg
この世界に来てから、23日。
ナーリは日に日に成長しています。

201703122.jpg
柵のビニールテープをはがそうとするナーリ。
(切れはしを飲み込むと危ないのでこのあとはがしました)


柱に巻きつくナーリの様子。
201703124.jpg
201703125.jpg
201703126.jpg
たぶん体のあちこちをいっぺんに掻こうとしているのですね。

ボロをするナーリ。
201703121.jpg
一粒が指先ぐらいの大きさですが、ウマらしいボロの形になってきました。
201703127.jpg
ちょっと前までニョロっとしたウンチだったのに、
草をすこしずつ食べているからですね。

よく走り、よく跳ねます。
2017031211.jpg
2017031210.jpg
201703129.jpg
201703128.jpg

こちらは生後18日目の映像。
カディと私のまわりをぐるぐる走るナーリ。
はじけています。



自分の届く範囲で、カディをグルーミングしようとするナーリ。
2017031213.jpg
背が伸びて、体がしっかりしてきました。

2017031212.jpg
よく動いたあとは、よく眠る。
すくすく育ってます。

この世界三十日目

2017-03-14 7217
ナーリが生まれて30日が経ちました。
馬の赤ちゃんの一日は、
人間の赤ちゃんの一月にあたるのではないか、
と思うほど、毎日の変化が大きいです。

2017-03-18 7249
こちらは29日目のナーリ。
もう赤ちゃんと言うより、少年っぽい。

2017-03-16 7244 (1)
なまいきそうですねー。

2017-03-16 7240
マウンティング遊びも始めました。
やっぱり男の子。

好奇心も旺盛です。


草を食べているところを撮影しているつもりが・・・
迫り来るナーリ。


そしてついに、カディ母さんに叱られるナーリ。


おっぱい噛んじゃったかな。
カディは気性の激しい馬ですが、ふだん仔馬にはやさしいです。


こちらは遊び疲れて、こてっと寝るナーリ。
(草を食んでいる音はカディのです)




ぽかぽか日和におとなの馬たちも昼寝する午後。
2017-03-16 7233
もちろん、ナーリも爆睡です。
2017-03-14 7223
でも、いまだにカディが寝ているのを見ることはありません。
常に気が張っているのでしょうね。
お母さんはたいへんだー。

ナーリのたてがみもすこし濃くなってきました。
2017-03-18 7275
おしっこ。
2017-03-18 7270
ちいさな鳥が遊びに来ました。(ナーリの足下)
2017-03-18 7280


遊びたい盛りに、一緒に遊ぶ相手がいないのが、ちょっと残念かな。

カディ母さんに遊んでもらいたいのに、
ぜんぜん相手をしてくれなくて、ふて寝するナーリ。


ひとりダッシュ遊びをするナーリ。



カディが若馬の時には仔馬とよく遊んでいたのですが、
自分が母になると、そんな余裕がないようで、つねに食べています。
ナーリのために母乳を出さなくてはいけませんからね。

この一月、カディもすごく変わりました。
馬は習慣性のある生き物。
でも、変わる時にはこんなにも変わるものかと驚きました。
そのダイナミズムにびっくり。
いまも毎日、変わり続けています。
まったく、なんという30日間だったことでしょう。

ナーリの冒険

2017032610.jpg
ナーリは、日に日に、わんぱくぶりを発揮しだしています。
とにかく走ったり跳ねたりしたくてしかたないみたい。


ひとりですごく遠くまで行ってきて、
最後、どんなもんだいって顔してますね。

冒険の後の呼吸。



好奇心も旺盛です。
いつも私が座っているいすをすかさずチェック。
201703261.jpg
水たまり。
201703264.jpg
杭で鼻を掻くナーリ。
カディは鼻の穴に杭を入れてぐるんぐるん回すことがあるけれど…。


近くを横切っていくホオジロハクセキレイは、
渡りの季節で最近馬のそばでよく見かけます。


転がり心地の良さそうな草むらを見つけたら、
すかさずゴロンゴロン。
201703265.jpg
背中を歯で掻く。
2017032611.jpg
背中に草を乗っけているナーリ。
201703262.jpg
本人は気づいてないと思われる…。
201703263.jpg


たてがみからしっぽまで続く、背中のすこし毛色の濃くなった線を
「鰻線(まんせん)」と言います。
201703266.jpg
人間によってあまり改良されていない原生の馬に見られる特徴だそうです。
ナーリにもありますね。


カディとナーリの親子の風景。
201703268.jpg
201703269.jpg
オトナのしっぽとコドモのしっぽ。スローモーション。


コドモの足跡とオトナの足跡。
201703267.jpg

あっという間に過ぎ去ってしまう、
忘れがたき瞬間を毎日味わっています。

■calendar

02 ←  2017/03  → 04
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ