群れに合流

201708061.jpg

カディとナーリは、群れに合流しました。

外から群れのテリトリーに入っていくには、
いくつかのプロセスが必要です。
とはいえ、カディは元いたところですし、
ナーリも柵越しにはずっと顔を合わせていたので、
かなりスムーズに群れに入っていくことができました。
年の近いサンゴだけ、すこし排他的な行動を見せましたが、
お決まりの運動会もありませんでした。

入った時の様子はこちらの動画で。


ナーリは馬同士のルールや間合いがまだよくわかっていないので、
すたすた近づいてサンゴに怒られます。
こういう時、以前だったらナーリを守って間に割って入っていたはずのカディ、
今回はあまり干渉せず見守っている感じ。

途中、メスのおしっこの匂いにフレーメンをするナーリ。
ちっちゃくてもオスですね…。

そしてカディは、間合いの取り方のお手本をナーリに見せます。
相手の反応を見ながら、少しずつ距離を縮めていくカディ。
ちょっと長い動画ですが、馬の間合いってこんな感じなんですよね。

最後のほう、青草が並べられて、
皆が食べている中に加わりたいカディとナーリ。
ナーリの動きが早すぎて、誰かが反応しました。
カディはナーリのスピードを緩めさせて、
また少しずつ間合いを詰め、
最後には平穏に草を食べられる状況にもっていきました。
すばらしい。

201708063.jpg
無事に草も食べられているし、水も飲めています。
よかった、よかった。
201708062.jpg
しかし、まだまだ見習い中のナーリは、緊張したみたい。
他の馬に怒られた後は、カディのおっぱいを飲んで、
心の傷を癒やしていました。
201708064.jpg
夕方には、ナーリの背中に初めての傷。
きっと誰かに蹴られたんですね。
毛がはげているだけで血が滲むほどではありませんので、問題なし。
これも勉強のうちです。
201708065.jpg
疲れて寝てしまうナーリ。
見守るカディ。
201708066.jpg
その日のうちに、群れとして一緒に行動するようになりました。
201708067.jpg
見てて思ったのは、
カディはぜーんぶわかっているなー、
ということです。
えらいなー。

夢を見る



カンカン照りの暑い日が続く与那国です。
午後、カディとナーリの姿が見えないので、
森の中に探しに行くと、
ずっと奥の方で、群れに混じってうたた寝をしていました。
暑い日も森の中は涼しい。
カディとナーリは、群れにはすっかり馴染んだようです。

201708132.jpg
朝ごはんを食べたあと、
おなかがくちくなったナーリはいつも眠くなります。
寝るのに、お気に入りの場所を見つけたようです。
おとなの馬たちがつながれている後方の、
草が生えている場所。

201708133.jpg
変なかっこうで寝ている。
201708135.jpg
うとうとから爆睡へ。
201708134.jpg
こういう時は、蹄や歯を観察するチャンス。
ナーリのきれいな乳歯。
201708136.jpg
発育不良だったカディは、乳歯もガタガタだったことを思い出します。
http://hasikko99.blog83.fc2.com/blog-entry-808.html
大人の歯に生え変わる時にかなりまともになりましたが。
201708137.jpg
ナーリは、栄養がじゅうぶん行き届いて、すくすく。
201708131.jpg
幸せなこども時代を過ごしている、といえるでしょう。

なにかの夢を見ていそうなナーリの寝姿。


どんな夢を見ているんでしょうね。

いたずらもの

201708193.jpg

ナーリは目の下をざっくり切るケガ。
誰かにいじめられたのではなく、自分でひっかけたのです。
(青いのは薬の色)

どうしてかっていうと、とにかくよく動く。
目の前に何かあったらちょっかい出さずにはいられません。

こちらは、干してあるハエよけの馬着にいたずらをするナーリ。


その様子をそばで凝視しているサンニンがかわいいですね。
首のロープが頭にかぶさってハチマキみたいになっています。

もうすっかり群れに慣れたナーリ。
カディのそばで草を食べて、それからおっぱいも飲んで、
お腹がいっぱいになると、
次の行動は…


まずはうんち、そして、シュウのそばへ。
ナーリはシュウが好きみたいで、
いつもつきまとっています。

最初の頃よりは、ちゃんと間合いが取れるようになったかな。

その後は、いつもの場所で食後の睡眠。



眠っているナーリを手で押すと、そのままゴロンと倒れてくれます。
ナーリの胸もとに小さな傷があって、
消毒したりハエよけの軟膏をつけたいのだけれど、
動き回っているとなかなか治療できません。
それでこういう手をつかいました。
すぐに熟睡してくれる仔馬だからできることですねー。

カディは今年もまた蹄に小石が入り込んで、
ちょっと痛そう。
去年はフーフブーツを履かせてみたけれど、
今年はヒトのソックスを試してみました。
201708191.jpg
その結果、カディもこれは楽なようで、
いまは、履かせる時、自分で肢をあげるようになりました。
去年のフーフブーツの時は憮然とした表情をしてましたが、
ソックスは違和感が少ないみたいですね。
地面を踏んだ感触がちゃんとあるのがいいのかもしれません。
すこし続けてみようと思います。

201708192.jpg
まだまだ暑い日が続いていますが、
夜明けの時間は、すこしずつ遅くなっています。

したいことたくさん

201708273.jpg
なかよく草を食べています。
おなかいっぱいになって、まったりしているうちに…。


ナーリはおっぱいが飲みたくて、
カディに催促するけれど、
カディは今はあげたくない、という図。
(ナーリの要求通りにあげていたら身が持たない感じ)

ナーリの目の下の傷は、もうすっかりふさがりました。
201708274.jpg
しっぽもずいぶん長くなってきた。
仔馬っぽさがなくなってきましたね。
201708276.jpg

仲のよいカディとナーリですが、
201708275.jpg
いつもこんなにくっついているかというとそうでもなくて…。

ナーリだけ他の馬のところに行っていることも多いです。

サンニンにちょっかいを出すナーリ。



こんなふうに、ずーーーーっと誰かに、
ちょっかいを出しては、うざがられています。


8月はずっとカンカン照りが続いていましたが、
先週やっと雨が降り、大地が生き返った感じです。
201708271.jpg
東崎の馬たちも、草が蘇ってほっとしているでしょう。
201708272.jpg

■calendar

07 ←  2017/08  → 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ