ウマの年、はじまり、はじまり。



ウマ年の朝。
風が吹く小高い崖の上で、
海の音を聴きながら、
太陽が昇るのを眺めていました。

あけまして、おめでとうございます。


201401021.jpg

最近の荒れた天気が嘘のように、
青空が広がった与那国。

いつもお正月を一緒に過ごさせていただいている、
ヨナグニウマふれあい広場のみなさんと、
毎年恒例の初乗りへ。

初乗りをカディで!
しかもウマ年というんですからねー。
私にとっては本当に、
すばらしい一年の始まり方です。

201401023.jpg

でも、これだけの大人数で行くのは、カディも初めて。
ふだん、外乗では、のんびり気ままに歩いているので、
集団行動には慣れていません。
そばに来たルンタ君に蹴りをくらわせる場面も…。
ごめんね、ルンタ君。

201401022.jpg

カディが先頭へ立つと、
なにやら、スイッチがはいったもよう。
水たまりだらけの道も、草だらけの急斜面も、
がんがん、がんがん、前へ行く!

201401024.jpg

初めての森の中も、ひるまず前に進むカディ。
みんなが駈け足になると、
カディも走る、走る。

アグレッシブ・カディの誕生か。
(実は負けず嫌いのようです)

201401027.jpg

着いたのは、絶景の丘のてっぺん。
新しい年のはじまりを馬と迎える、最高の時間でした。

カディ、先輩馬について、よくがんばった。
ありがとう。


さて、帰ってからの草タイム。
最近のカディのブームは…。

私が、「はい、おわり。家に帰るよー」というと、
「まだ、食べたい、食べたい、食べたい」

で、ごろんと横になる。
草で背中を掻いてから、

201401028.jpg

寝たまま、草を食べる。

201401026.jpg

ま、10秒ぐらい待つと、
気が済んで、自分から立つんですけどね。

201401025.jpg

本年も、カディともども、よろしくお願いいたします。
(最後まで、草を食べながら)

コメント

明けましておめでとうーー。与那国もいい天気の元旦だったんだねー。
この写真見てると与那国に行った時に森の中をパカパカ馬で行った時のことを思い出すよ。
楽しかったなぁ。
でもカディの病気がちょっと心配だね。早くよくなりますように!

おめでとうございます。
初日の出の動画は、Yoshimiさんと乗馬で行った高台で迎えたものですよ!
カディの容態はだいぶ落ち着いてきて、ほっとしているところです。

馬の年、バンザーイ!!!

動画の朝陽といい、初乗りといい、
とってもいい午年のはじまりですね!!!!
とってもいい動画。
日本なのに日本と思えない時間が流れてる。
私も与那国にいつか行きます!
そして与那国馬をこの手で触りたい!

私も1月のはじめから馬に乗れて、
この一年、馬のように駆けていきたいなと思いました!

カディ君の疝痛は大丈夫ですか?
こういうとき、言葉が通じたらどれだけいいか。
生き物だから病気はつきもの、って分かってるんですけど、
いざとなると心配で気が気でないですよね。

いつものように元気になってまた写真でお会いできるのを楽しみにしてます。

マヤさん、こんにちは。
ブログを読んでいただいて、ありがとうございます。

カディ(♀)は、まだ全快という感じではありませんが、
こういうつらい状況によりそうことで、
考えたり学ぶことが多いなーと思います。

マヤさんのホームページも拝見しました。
クリッカートレーニング、ものすごーく興味があります。
いつか機会がありましたら、ぜひ、いろいろ教えてください。

馬の年、バンザーイ!

河田桟さんのブログは頻繁に拝見させてもらってます。
いろんな人の馬ライフを見せていただき、勉強になります。

そうなんですか。
そういう痛くて辛い時こそ一緒にいると、
人と馬の関係がより良い所まで築けたり、
次の疝痛の時に今回の経験学んで事でで迅速に対応できたりしますもんね。
はやくカディちゃんが良くなるよう、祈ってます。
カディちゃんは河田さんのと一緒に暮らせてしあわせですね。
ブログ見てて、いつもそう伝わってきます。

カディちゃん女の子だったんですね。くん、とつけてしまい申し訳ない。

そして、私のブログにお越し下さってありがとうございます。
クリッカートレーニングに興味を持っていただき、とってもうれしいです。
私が知っているかぎりではありますが、共有していきたいので、なんでもおっしゃってください☆
よろこんで!



ありがとうございます。
カディの疝痛が落ち着いたら、ご連絡しますね。
非公開コメント

■calendar

05 ←  2017/06  → 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ