ガスター10とお灸

201401293.jpg

苦しい60時間の絶食後、
ためしにほんの少しの青草を食べさせてみたら、
20分ぐらいして、おなかが気になるしぐさをしだしたカディ。
これはなにかお腹に違和感がある時の動作。
うーん、だめか、と悩みながら、獣医さんと相談して、
さらに絶食期間を24時間延長しました。
見てる方もつらいんだけど。

その間にも硬めのボロを2回も出して、
もう本当にこれで出ないだろう、
と次の朝、再び、少量の青草をあげたら、
またしても、昨日と同じようなしぐさ。

この日、獣医さんと相談して、
浣腸と点滴をしてもらいました。
(りゅうちゃんに助けてもらいながら保定して…
 けっこうたいへんでした)
浣腸したら、まだもう少し便が出た。
もうおなかぺったんこ。

そうこうしているうちに、
心配した今は島外にいるやさしい馬仲間が、
ネットワークをフルに使って知恵を集めてくれて、
もしかしてカディの今の症状は、
胃がやられているのかも、と。

その場合、絶食はやめた方がいい。
そして、ガスター10が効くらしい。

与那国の獣医さんに確認したら、
ガスター10と同じ成分を使った家畜用の薬があるけれど、
手持ちの在庫はなく、もともと高価なので、
人用の薬をすすめることも多いとか。

急遽、ガスター10を探しました!
でも、ないんですね、与那国には。
薬局のない島ですから。
手に入るのは、太田胃散だけ、という…。

とりあえず、ガスター10は、実家に頼んで、
速達で送ってもらうことにしました。
でもそれが届くまでの2〜3日、
とりあえず太田胃散でもないよりましか、と、
またしても馬仲間経由で馬専門の獣医さんに確認してもらったら、
OKとのこと。

で、昨日の夕方から、
太田胃散を少量ずつ服用させながら、
2〜3時間おきに、青草や水に浸した乾草を、
ちょっぴり食べさせています。
食べていいんだー!!と喜ぶカディ。
でも、ほんとにちょっとずつね。

今日はお天気がいいので、
あまり草の生えていない芝地につないで、
ちびちび食べさせています。

今のところ、おなかを気にするしぐさは、
見せていなくて、胸をなで下ろしているところ。

このまま、よい方向に向かってほしいです。
いろいろな人がカディのために動いてくれて、
ほんとうにありがたいです。

ぽっこりお腹が目印だったカディ、
いまは、かなりほっそり。
これはこれで、ありかも?

201401292.jpg

で、今日はお灸にも初挑戦。
今回、調べてみたら、
家畜にお灸をする人って、けっこういるんですね。
与那国でも、牛にお灸する人がいるそう。

馬のツボは、いまいちよくわからないけれど、
いちおう、牛の場合は胃腸の不調に効くらしいツボ、
百会と後丹伝に、
せんねん灸太陽という、火を使わないお灸をしてみました。

201401291.jpg

カディ、なんの反応もなし。
まあ、いやではないんでしょう。

自分でも使ってみたら、
じんわりあったかくて気持ちいい。
即効性はなくても、悪いことはないはず。

学ぶこと多し、です。

コメント

ほんとにほっそり。病み上がりの美人。竹久夢二の様な。おだいじに。

いまのところ、経過は順調です。
大事に養生していきます。

遠くからカディのことを心配しています。
カディのお腹は良くなりましたか?
ガスター10効くといいですね。

ありがとうございます。
まだ元気いっぱいという感じではありませんが、
すこしずつよくなっていると思います。
がんばっています。
非公開コメント

■calendar

07 ←  2017/08  → 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ