山羊と森の馬たち



今日はカディ以外の話題を。

山羊のデビコの登場です。
とてもひとなつっこいです。
近づくと、お尻を掻いてほしいとせがまれます。
エンドレスです…


そして、
先日は屋根の下でまどろむ馬たちをご紹介しましたが、
今回は、森でまどろむ馬たちの様子です。



露出した岩肌は、
ひんやりして気持ちがよいので、
馬たち、夏にはよくこうして涼んでいます。
ハエもいなくて快適。
よくわかっていますねー。

コメント

ヤギも馬も

ご著書を2冊読ませていただきました。まず、京都まで2日で届いたことに驚きでした。
うちには庭がないので部屋で山羊を飼っています。今も足元で寝ています。
馬も乗馬クラブにずっと通っていますが、やはりクラブではお客さんですし、月に2、3回接するだけ。毎日触れ合っている山羊とは距離感が違うようです。馬も飼えたらいいのですが、部屋では無理ですから引っ越さないと(笑)
本に書かれていることは、馬を山羊に置き換えてみてもしっくりくるものでした。
ありがとうございました。

本を買っていただいてありがとうございます。
山羊もいいですよねー。
最近、通り道に子ヤギが4匹、いつも遊んでいて、
あの独特の間に、つい笑ってしまいます。
非公開コメント

■calendar

07 ←  2017/08  → 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ