ミト牧ふたり暮らし

201604062.jpg

カイと何度かお見合いをしたカディ。
でも、どうしてもカイを受け入れません。
カディには明らかな発情の兆候が出ているんだけどなー。
どうやら、自分のいる群れのオスたちを尊重しているようです。

それで、ふれあい広場の皆さんのはからいにより、
すこし離れたところにあるミト牧に入れて、
しばらくの間、カイとカディ、
ふたりだけの暮らしをさせてみることになりました。
どうなるかなーと、心配半分・興味半分。


ミト牧はカイのホームグラウンド。
カディにとっては、初めての場所です。

カディがミト牧の中に入ると、
さっそくカイが近づいていきます。

201604063.jpg

初めは緊張していたカディも、
だんだん状況がつかめてきた模様。

そうか、わたしはここで暮らしていくのか…
群れとなる相手はカイだけなのか…

201604064.jpg

すると…
カイとの距離が縮まっていきます。
からだの匂いを嗅がれても、
以前とちがって、じっとしています。

201604065.jpg

1時間ぐらいで、すっかりペアの動きに!
カイの求愛行動にカディも応えます。
(ここらへんの写真は自粛しておきます笑)

201604067.jpg

きゃー、ラブラブ。

201604068.jpg

カイが、ごろんごろんと砂浴びをすると、

201604069.jpg

それを見たカディも、次にごろんごろん。
すっかりシンクロしています。

201604066.jpg

水桶に一緒に顔を入れて飲んでいます。

2016040610.jpg

完全にペアとなりました。
思っていたより、すんなり。
よかった、よかった。

ふたりが近づいていくプロセスを見ているのは、
とーっても楽しくて、おもしろくて、
幸せな気分でした。


島では、春の花、テッポウユリが咲き始めています。
庭のつぼみもほころびはじめました。

201604061.jpg

コメント

非公開コメント

■calendar

05 ←  2017/06  → 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ