同居

201704022.jpg
与那国の4月は、光が透き通り、
花が咲き、様々な鳥が渡ってくる、
天国感あふれる季節。

気持ちよさそうに、ゴロゴロするナーリ。


そして、迫りくるナーリ。


この間までいたホオジロハクセキレイはもう旅立ち、
つぎにアマサギが渡ってきました。
ナーリがカディのしっぽのそばにいるのはハエをよけるため。
すだれみたいにしてますね。



ナーリは、あいかわらずわんぱくぶりを発揮してます。
201704024.jpg
カディの体で遊ぶナーリ。
201704025.jpg
ナーリに好きなようにやらせて、自分はずっと草を食べているカディ。
201704023.jpg

カディとナーリ、親子ばしり。
(カディのほうがはしゃいでる…)


たくさん遊んだら寝る。
201704021.jpg

差し込んだ朝の光線に照らされるナーリ。
2017040210.jpg
2017040211.jpg
新芽をいっしょうけんめいに食べるナーリ。
201704027.jpg


さて、今朝は大きな出来事がありました。
ナーリが生まれて以来、ずっとカディとふたりだけで暮らしてきた場所に、
別の馬が加わり、同居することになったのです。
201704028.jpg
この放牧地、カディの臨月から、出産・育児と、
二ヶ月間、広々と使わせていただいていましたが、
もとは4頭が暮らしていた場所。
奥には森も広がっているので、ずいぶんよゆうがあります。

それから、ナーリもそろそろ他の馬たちと日常的に関わり、
群れとしてのルールを学び始めたほうがよい頃でもあります。

というわけで、一緒に暮らすことになった相手は、
マイペースで落ち着きのあるティン。
群れのメスの中では、一番年長で順位も一番。

こうして、カディ王国は終焉を迎えることになりました(笑)。
突然自分のホームに入ってきたティンに、
カディは緊張して、変なボロのしかたをしてます。
201704029.jpg

フリーにしてからの様子。


ティンの間合いの取り方、うまいなー。
警戒心マックスのカディに反応せず、攻撃はひょいっとかわし、
反撃せず、タイミングをはかって、ゆるゆると移動。
気がつくと、カディが草を食べていた場所を占有しています。

さすがだ。
勉強になります…。


まだまだ緊張感はありますが、
先ほどは、3頭で並んで草を食べていました。
201704026.jpg
カディもナーリも、次のステップですね。
ティン姐御、どうぞよろしくお頼み申します。

コメント

非公開コメント

■calendar

05 ←  2017/06  → 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ