いたずらもの

201708193.jpg

ナーリは目の下をざっくり切るケガ。
誰かにいじめられたのではなく、自分でひっかけたのです。
(青いのは薬の色)

どうしてかっていうと、とにかくよく動く。
目の前に何かあったらちょっかい出さずにはいられません。

こちらは、干してあるハエよけの馬着にいたずらをするナーリ。


その様子をそばで凝視しているサンニンがかわいいですね。
首のロープが頭にかぶさってハチマキみたいになっています。

もうすっかり群れに慣れたナーリ。
カディのそばで草を食べて、それからおっぱいも飲んで、
お腹がいっぱいになると、
次の行動は…


まずはうんち、そして、シュウのそばへ。
ナーリはシュウが好きみたいで、
いつもつきまとっています。

最初の頃よりは、ちゃんと間合いが取れるようになったかな。

その後は、いつもの場所で食後の睡眠。



眠っているナーリを手で押すと、そのままゴロンと倒れてくれます。
ナーリの胸もとに小さな傷があって、
消毒したりハエよけの軟膏をつけたいのだけれど、
動き回っているとなかなか治療できません。
それでこういう手をつかいました。
すぐに熟睡してくれる仔馬だからできることですねー。

カディは今年もまた蹄に小石が入り込んで、
ちょっと痛そう。
去年はフーフブーツを履かせてみたけれど、
今年はヒトのソックスを試してみました。
201708191.jpg
その結果、カディもこれは楽なようで、
いまは、履かせる時、自分で肢をあげるようになりました。
去年のフーフブーツの時は憮然とした表情をしてましたが、
ソックスは違和感が少ないみたいですね。
地面を踏んだ感触がちゃんとあるのがいいのかもしれません。
すこし続けてみようと思います。

201708192.jpg
まだまだ暑い日が続いていますが、
夜明けの時間は、すこしずつ遅くなっています。

コメント

非公開コメント

■calendar

03 ←  2018/04  → 05
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■search

■author

河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ