牡馬登場


別の場所にいた牡馬のパーカーが群れに帰ってきました。
ナーリはパーカーがいない間に群れに合流したので、
これが牡馬との初接触になります。
今までまわりにいたのは牝馬だけ。

ナーリは好奇心いっぱいであいさつに行きますが、
オスの迫力に圧倒されて、これまででもっとも必死で高速な、
「あうあう」になりました。
心配して間に入るカディ。

あいさつはうまくいったようで、
ナーリはパーカーに受け入れてもらえました。

ハーレムの中心にいる牡馬は自分の子でない牡の仔馬に対して
攻撃的になることがあります。
その実例を見ているので、私もすこし緊張していたのですが、
すんなりいってほっとしました。

ナーリはいつもしつこいぐらいに積極的にアプローチして、
しょうがないなーと受け入れてもらうパターンが多い。
けっこうコミュニケーション能力が高いのかもしれません。
あっという間に群れになじみました。

翌日、草地に放牧中の馬たち。

201709032.jpg
あれれ、群れの中にナーリはいるけど(右から3番目)、
カディの姿はなし!

201709031.jpg
カディはだいぶ離れた場所でひとりのんびり草を食んでました。
ナーリが群れに受け入れられて安全にすごせることがわかり、
ほっとできる自分の時間を楽しんでいるのでは、と推察。

201709033.jpg
10分ほどしてからカディも群れに合流しました。

カディはもともとひとりでも平気な馬です。
群れの他の馬たちとは、一緒に草を食べたり、
順番を待って水を飲んだりできるぐらいの関係は保ちつつ、
ひとりで行動することもよくありました。
これまでナーリにかかりっきりだったので、
すこし自分の時間がほしくなったのかもしれませんね。


ナーリのフライマスクを新しいものにかえました。

201709034.jpg
これまで使っていたものは、パツパツになっていたので。
頭もずいぶん大きくなったけど、
カディにくらべると、まだまだちいさい。
カディの頭が大きすぎるのか…。

コメント

非公開コメント

■calendar

09 ←  2017/10  → 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ