20090803.jpg

朝飼いをしていて、
ふと振り返ると、大きな虹がかかっていた。
海の中から立ち上がる七色の橋。

馬たちは、そんなことまったく気に留めないで、
ひたすらうまそうに、餌を食べていたけれど。

夕刻、火の龍が飛んでくる。
子どもの龍と一緒に。
さてはこの虹、その兆しだったか。

コメント

非公開コメント

■calendar

01 ←  2018/02  → 03
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

■search

■author

河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ