開拓5

20100615b.jpg

鬱蒼と茂っていたジャングルの中に、
ぽっかりと、何もない、からっぽの、
空間ができた。

入り口から、だんだん小高くなっていく地形のために、
ふりかえれば、すぐ近くの海が見える。
いつも風が吹いてくる。

からっぽの場所の奥には、
何本か、太めの木を切らずに残し、
木陰を作った。

電柵を張れば、とりあえず、
カディを迎えることができる。

第一次開拓プロジェクトは、
終了まであとわずか。

この一週間。
蚊とアブに、ずいぶん刺された。
汗と泥にまみれた。
日が暮れて、シャワーを浴びて、
ごはんを食べると、
もう、目が開けていられない。

そういう日々を、
いつか思い返すだろうか。

コメント

非公開コメント

■calendar

07 ←  2017/08  → 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ