新天地へ



夜明け前。
かなり強く、風が吹いている。

どっどど、どどうど、
どどうど、どどう。

という言葉が、
頭の中に浮かんだ。

少し冷たい空気の中を、
カディと歩き出す。

20100619b.jpg

太陽が姿を見せ始めた。
風が、とても心地よい。

新しい牧場へ、
カディとふたりで向かう。

20100619c.jpg

病み上がりのカディにとって、
長距離の移動はどうなのか、
少し気がかりだ。

草を食べながら、
ゆっくり、ゆっくり、
歩く。

2時間ほどの旅。
陽ざしがまだ柔らかいうちに、
無事、新天地に到着した。


カディは、いったん空き地に繋牧。
これから、電柵を移動する。

日中の暑い時間帯を避け、
夕刻、作業を開始した。
30分ほどで終了。
電柵だから、こういうことができる。

そして、カディを迎えに行った。

20100619d.jpg

新しい牧場に入ったカディは、
少し緊張していた。

私は牧場の土の上に腰をおろし、
カディの様子を見守っていた。


すぐ夜になった。

涼しい風が吹いている。
月明かりがカディと牧場を照らしている。
波の音が聞こえる。

しばらくして、カディは、
ごろりと横になり、
すやすやと眠り始めた。

きっと新しいことばかりで、
疲れただろう。

でも、ここは、気持ちがよいね。


20100619e.jpg

コメント

非公開コメント

■calendar

09 ←  2017/10  → 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ