待つこと

20100704.jpg

馬は、待つ生き物だ。

囲いに入れればその中で、
ロープで繋げばその場所で、
ただじっと待っている。

そのことを受容する。

ヒトは、自分の都合に合わせて、
馬とつきあう。

だから、
散歩に行く時ぐらいは、
馬を待とうと思う。
好きな草を食べ終わるまで。

馬には馬のテンポがある。

なにか言葉をかけた後にも、
あわてないで、少し待つ。
すぐに反応がなくても、少し待つ。
そうすれば、たいてい馬は、
ヒトの言葉に応えてくれる。

コメント

糸井さんの『ほぼ日』で小林薫さんが馬について語っていますよ。

お、そうなんですか。
読んでみます!
非公開コメント

■calendar

09 ←  2017/10  → 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ