開拓6

20100901.jpg

第三次開拓プロジェクトを、
ぼちぼちと進めていたが、
だいぶ形になってきた。

これが現時点での写真。


これまでの概要を記しておこう。

8月初め。
ユンボで掘り起こした土地は、
どことなく暴力的な気配が残っていた。

折れた木の幹や枝が散らばっている。
木やススキの株がゴロゴロしている。
掘り返された土、というのも、
なにか「剥きだし」の感じがするのだった。

大雑把に作業したから、
というのもあるけれど、
やっぱり、重機で一気に土地を拓くと、
その場が持っている質を、
力づくで変えてしまう気がする。

だから、そこから先は、
すぐ電柵を拡張しないで少し待ち、
ゆっくり自分の手で確認しながら、
整えていこうと考えた。

毎日、ぶらぶら歩いて回る。
そのたびに、木や土を観察する。
そして、鎌で枝を落としたり、
落ちている木や株を運んだり。

とにかく体力がないので、
木を1本運ぶだけでも、けっこうたいへん。
いそがずに、ゆっくり、ゆっくり。

でも、こういう作業をしているうちに、
しだいに土地の質が整えられていく感じがする。
やさしくなる、というか、
柔らかくなる、というか。

不思議なものだ。

コメント

非公開コメント

■calendar

07 ←  2017/08  → 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ