開拓10

20100903.jpg

カディと出会ってから7ヶ月。
馬を養うための環境は、
ようやく「一段落した」感がある。

ここに至るまで、試行錯誤しながら、
いくつかの環境を経験した。

最初は繋牧のみ。
それから電柵を導入し、
仮の場所でささやかな放牧。

私の引っ越しに合わせて、
現在の土地を借り、開拓を始めた。

カディボクは、だんだん広くなっていった。

すこしずつだけど、馬にとって、
暮らしやすい環境になっているはずだ。

場所や養い方によって、
馬の表情や動きはずいぶん違ってくる。
人との関係性の在り方によっても、
もちろん変わる。

そういうことを、
体験を通して学んできた。

これからも、たぶん、
馬と私の暮らしは、
どんどん変化していくだろう。

変わり続けていくこと、
が指針だから、
明確な目標というのはないのですね。

そのうち、たぶん、いやきっと、
未来の暮らし方が見えてくる、
という気がする。

コメント

子供の頃は周りにいつも犬がいて沢山遊んだ憶えがあって、それが随分時間が経ってオジサンと呼ばれるような年になって、我が家に子犬がやって来た時、犬をしつけるなんてした事ないのに初めて気がついてビックリしてしまった事を思い出しました。カディは、しつけるなんて事をするのですか。犬のしつけはうまくいった、とは思えません。


そのことが、今まさに私の最大の関心事です。
カディは、これまでのところ、特にしつけも調教もしていません。
そろそろ私の姿勢、立ち位置を決めなければ、
と、自分の心の中をじっくり確認しているところです。
近々、ブログにも書いていこうと思っています。
非公開コメント

■calendar

08 ←  2017/09  → 10
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ