さいはての島

20090721b.jpg

島は、西の最果てにある。
太陽が沈む時間は、とても遅い。
その時刻になると、ようやく暑さがやわらぎ、
心地よい風が吹く。

直射日光が苦手な私は、
(それなのに、なぜか亜熱帯に来てしまった…)
日が沈んだのを見計らって、島内探検に出かける。
完全に夜が来るまでの1時間。
気に入った場所を見つけたら、
草の上に腰を下ろし、海と空を見る。

色が、刻々と変わる。
美しい、という言葉は、そのうち使わなくなるだろう。
毎日繰り返される普通のことだから。
都会にいる時は、ほんのひとしずくの自然を求めて、
一生懸命になっていた。
この島には、したたるように自然が満ちている。
その贅沢さにまだ慣れない。


コメント

非公開コメント

■calendar

05 ←  2018/06  → 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■search

■author

河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ