コンタクト

20101026.jpg

宮崎の馬の人が、
カディに会いに来てくれた。

彼は、都井岬の野生馬をずっと観察し続けて、
馬同志の間で交わされる言葉を理解し、
身につけてしまった人だ。

馬の言葉と言っても鳴き声のことではない。
仕草、間合い、タイミングなどによる、
複合的なボディランゲージと言えばいいだろうか。

彼が馬のそばに行くと、

ヒトの形はしているけれど、
俺たちの言葉がわかるみたい。

というふうに馬が反応する。
本当に。

だから、カディが、
彼にどう反応するか見てみたかった。

いやいや、
もう本当におもしろい。
そして勉強になった。
15分ほどの間に起こった出来事の、
濃さと言ったら!

詳細については長くなるので、
いずれまた。

コメント

この続き、聞きたい!
何か気というか感覚というか、言葉ではないコミュニケーション方法があるんでしょうね。
世の中にはいろんな感性の人がいて面白いです。

いずれ、って、すでに待ち遠しい。

中途半端な書き方してしまってごめんなさい。
それは気になりますよね。
近いうちに必ず続きを書きますので、
しばしお待ちください。
非公開コメント

■calendar

09 ←  2017/10  → 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ