関係9

20101103.jpg

Sさんの来訪以来、
カディとの関係を少しずつ変えている。

まずは、移動の時のポジション。

歩く時は私が前に、
カディは横につく。
「ダー」と言ったら、必ず止まる。

そのかわり、草を食べる時は、
自由にしていい。

ということにした。
めりはりをつけた。

カディが草を食べながら歩く姿を、
揺れるシッポを、
後ろから眺める楽しみがなくなってしまったけれど、
ま、それはしかたない。

そのかわり、危うさは減った。

たとえば坂で、
カディはいつも勢いつけて、
駈けのぼったり、くだったりする。
馬にとって自然な動きではあるのだが、
ヒトと一緒にいる時にこれをやられると、
引っ張られて危ない。
私は何度か転びそうになった。

それで今は、
「ダー、ダー、ダー」と声をかけながら、
私の後からついてきてもらうことにした。
カディは、すこしやりにくそうだが、
なんとかこなしている。

もちろん、すんなり私の言うことを、
カディが聞いてくれた、なんてことはなくて、
毎日、ちょこちょこ「小さな対決」がある。

その度に、いちおう、アネキとしての、
私の立ち位置を示すことにした。
そういうの苦手なんだけど、
なんとか、今のところは、
それが功を奏しているみたい。

コメント

非公開コメント

■calendar

09 ←  2017/10  → 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ