鶏をしめる

20101224.jpg

生まれて初めて、
自分の手で鶏をしめさせてもらった。
前から一度はやろうと思っていた。
その機会がとうとう来た。

解体して、
様々な部位に切り分けるところまで。
烏骨鶏だから中身も黒い。

こうして生命そのものに触ったら、
もう粗末にすることはできなくなる。

終わったあと、ものすごく疲れていた。
それも当然のことだ、と思った。
この重さをおぼえておきたい。

コメント

非公開コメント

■calendar

10 ←  2017/11  → 12
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■search

■author

河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ