緑色の虫

20110108.jpg

この間のバッタは、
いなくなったと思ったら、
昨日は本棚の中にいた。

今日は、郵便受けの上に、
こんな緑色の虫を発見。

冬になると、蚊が少なくなるのがうれしい。
少なくなるだけで、
いなくなるわけではないけれど

自然の中で暮らすということは、
たくさんの虫と共に生きていく、
ということだ。

コメント

山の家があった頃、家の中でトカゲがシュルシュルっと素早く動き、
カマドウマがぴょんぴょん飛び跳ね、網戸の外には標本箱のように
蛾が集まってきて、東京からの友達は悲鳴あげてました。

でも私はそんな虫はわりと平気。山にはゴキブリがいないことが
よっぽど嬉しかった。虫よりゴキブリがダメです。ゴキブリも虫か…。

ゴキブリも、蚊も、ハエも、やっぱり虫…。
そういうもろもろと、折り合いをつけていくのはたいへんだけど、
自然の中で暮らすと、だんだんタフになりますね。
私は、どんな虫もだいじょうぶ、なんですが、
かゆいのはほどほどにしてもらいたいです。
非公開コメント

■calendar

07 ←  2017/08  → 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ