からだの言葉

20110219.jpg

馬というのはおもしろくて、
動物として、「なってない」ヒトには、
ふん、という態度を取る。
からだの言葉ができていないとだめなのだ。

普段、どんなにエライことを考えていても、
頭だけで生きていると、
馬からダメだしされてしまう。
とてもわかりやすい。

からだの言葉は、一朝一夕には体得できない。
日々、自然の中に体を置いて、
じわじわと染みこませていくしかない。

というよりも、
コドモの頃は誰でもあたりまえに動物だったわけだから、
ただそれを思い出せばいいだけかもしれない。
それがむずかしいんだけれどね。

コメント

非公開コメント

■calendar

05 ←  2018/06  → 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■search

■author

河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ