生活コスト1

今日はお金の話をしてみようと思う。

はしっこの島で暮らすのに、
毎月どれくらいお金がかかるか。
私の場合は、こんな感じである。

家賃……15,000円
食費……20,000円
光熱費… 5,000円
通信費…10,000円
交通費… 3,000円
雑費…… 7,000円
────────
合計……60,000円

光熱費は、ガス2500~3000円、電気1000~1500円、水道750円。
交通費は、カブのガソリン代+オイル、タイヤなどの消耗品。
通信費は、固定電話、ADSL、プロバイダ、携帯電話の合計。

つまり、与那国で一ヶ月暮らすための、
基本生活コストは、
だいたい6万円、ということになる。

このほかに、
ちょっと特別なものを購入したり、
馬にかかるお金がある。(これはまた別の機会に書くつもり)
そして税金や社会保険料。

でも、とにかく、基本は6万円。
年間72万円。
それで生きていくことができる。
なんといっても家賃の安さが効いている。

この金額で暮らしてみた感想は、
ひとことでいって、身も心も軽くなった感じ。
なんだか見えない重い荷物が取り除かれたよう。

東京にいた時には、自分もそうだけど、
関わるすべての人が「生活できる」ことを基準に、
お金のことを考えなくてはいけなかった。

たとえば取引先の人にも生活がある。
そのためには相応の利益が必要だ。

ただ生きているだけで、
都会では月十数万円が飛んでいく。
社会がそれを基準に回っている。

それだけの金額を手にするために、みんなどれだけ、
身と心を削りながら働いているか。
本当は嫌なことも生活するためにしかたない、
と思いながら仕事をしているか。

単身の生活保護者に支払われる金額は137,400円。
それが人間として最低限必要な生活費だという。
年収200万円以下の労働者は、
ワーキングプアと呼ばれるらしい。

だんだん社会問題を問う、
みたいな論調になってきた…。

えーと、かたい話をしたかったわけではなく、
そもそも頭の中の基準を変えてみたら、
もっと生きやすくなる人もいるかもしれない、
ということを伝えたかったのだった。

続きは明日書きます、たぶん。

コメント

スローライフ

1ヵ月6万円のスローライフ。
はしっこの島で、かどうかは別として、
私、とっても憧れます。
でもでも、収入はどうしよう。
6万円+αを作り出していけるなにかを考えないとやっていけないですよね。

そこがやっぱり問題になりますよね。
でも月15万円稼ぎ出さなきゃ、と思うよりは、
はるかに敷居が低くなって、
選択肢も増える感じがしませんか。
非公開コメント

■calendar

10 ←  2017/11  → 12
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■search

■author

河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ