一日

朝が来て、草を刈って、カディにあげる。
カディがもくもくと食べる。

今日は少し暖かくなった。

次の瞬間、どんなことが起こってもおかしくない。
そう思いながら生きてきた。

なぜ今私はここにいて、あそこにいないのだろう。
そんな思いが心をよぎる。

目の前にカディがいる。
夕方、また草を刈る。
カディはもくもくと食べる。

夕焼けが空を染めていた。

コメント

非公開コメント

■calendar

01 ←  2018/02  → 03
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

■search

■author

河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ