群れに入る

初めて群れに入るククルの後日談。
先日はほんのちょっとのお試しで、
その後、群れから見えるすぐ近くの囲いの中に入れて、
少しずつみんなに馴らしてきた。

そして昨日が群れに入る本番。
あー、カディを初めて海牧場に入れた時のことを思い出す。
ククルがんばれ。

群れに入るには、それなりのステップが必要だ。
はじめからすんなり仲良くというわけにはいかない。

ククルが近づいていくと、
いちばん年上の牡馬キョンタが、

「この群れはオレが守ってるんだぜ。
 お前、そう簡単に入れると思うなよ」

とばかりに、ククルのお尻にかみついた。

20121126a.jpg

ククルは逃げながら、後ろ肢でキーック。

20121126b.jpg

キョンタおじさんに、見事にヒット。
怖いから攻撃する、というパターンですね。
カディもこうだった。

ククルは群れに入れてもらおうと、自分の存在をアピール。
ぐるぐると駆け回る。
それに反応したのが、一番のちび、仔馬のカイ君。
ククルの後を追って駆け出した。
(ちびのくせに耳をぴたっと後ろに伏せているのに注目)

20121126c.jpg

追いついたー!

20121126d.jpg

抜かしたー!

20121126e.jpg

どんなもんだい。
得意満面、意気高揚。
はずむように走るカイ君。
しっぽもこれ以上ないほど上げて、くるりん。

このあともしばらく、ククルが近づくと追い払う、
という儀式が続いた。

でも、ククルはカディと違って、
「群れの中に入りたいです」
と、ちゃんとアピールしているのでえらいです。
あとは時間だけ、という気がする。
がんばれよー。

コメント

頑張れ!ククル

ククル、早く群れの中に入れるといいですね。

なによりも、カイくんがあんなに大きく立派に成長してくれて、感動です。
カイくんがマミマミとうみ牧に行った日のことを思い出しました。
あの時もキョンタの洗礼を受けていたっけ…。カイくん、たくましくなったなぁ~。

カイ君、すっかりやんちゃな少年です。
たまに海牧場に行くと、大きくなっていてびっくりします。
新しい環境に入っていくのは、誰にとっても不安と緊張の連続。
みんなが早くククルを受け入れてくれるといいですねー。

決定的瞬間の写真がうまく撮れてるねー。カメラ、買った?
仲間になるというのはどの世界においても大変なのね…。

さすがyoshimiさん、はい、最近一眼レフ手に入れました。
まだまだ使いこなせていませんが…。
ククルにとって、しばらくは試練の時ですね。
非公開コメント

■calendar

05 ←  2017/06  → 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■search

■profile

河田桟

author : 河田桟

■mail

your name
mail address
title
message

δ